2017年01月04日

初めての北陸旅行記 その19

皆様こんにちは。柳井グランドホテルの松前篤始でございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。



再び間隔が空いてしまった上、新年を迎えても相変わらず話題は北陸旅行ばかりでございますが、今回はいよいよ目的の一つである「はくたか」に乗車いたします故、何卒ご辛抱いただければ幸いに存じます。



こちらが十日町駅に入線してまいりました「はくたか」号でございます。編成は下の写真にございますように、塗色の異なる車両の混結で運行されておりました。詳しい方には最早説明不要な情報であり、当ブログにも何度も登場している車両でございますが、一応専門的な説明を致しますと、北越急行所属の681系「スノーラビットエクスプレス」(略称「SRE」)とJR西日本所属の681系「ホワイトウィング」の混結9両編成となっております。当時の「はくたか」においては、運用の効率化を図るためにこのような混結は日常的に行われておりましたが、異なる会社の車両が併結運転を行うということは通常滅多にございません。もう見ることは叶いませんが、ここにも「はくたか」の見どころが見え隠れしておりました。



CIMG2004.JPG


早速乗車いたします。「はくたか」は乗車率の高い特急列車と聞いておりました故、今回は指定席を確保いたしましたが、この列車も今回の旅の目的の一つということで、指定された席に腰かけた後もしばらくは落ち着きませんでした。発車してまもなく、列車は暗闇の中へと吸い込まれてゆき、同時にまるで新幹線のような走行音を奏ではじめ、私の高揚感をさらに煽り立てます。これが日本一の特急列車の走りなのかと、その実力を五感で感じ取っていると、私の脳ミソは空腹に耐えかねたのか、私に直江津駅で購入した弁当のことを思い出させました。



今まで新幹線の車内で食事をとったことは何度もございましたが、特急列車の車内で食事をとった経験はこの時が初めてでございました。ではその記念すべき弁当の中身を皆様にご覧いただきます。



CIMG2007.JPG


こちらが、今回の昼食である直江津駅の「かにずし」でございます。余計な添え物を加えず、純粋に蟹と米の旨みを引き出すことを狙ったかのような、シンプルでありながら力強いお味の弁当でございました。残念ながら私の乏しい語彙力ではこの素晴らしい味わいを十分にお伝えすることは叶いませんが、機会がございましたら、是非直江津駅にてお買い求めいただきたく存じます。


直江津駅の駅弁といえば全国にその名を轟かせる「鱈めし」の存在が大きいですが、私が直江津駅で毎回のように買い求める駅弁は「鱈めし」ではございません。もちろんこの「鱈めし」も以前購入し、その素晴らしい味わいを存じておりますが、私はこちらの「鮭めし」をより好んで購入いたしております。



IMG_1064[1].JPG


ご覧のように一面に敷き詰められた鮭の切り身といくらの旨みもさることながら、それを受け止める昆布と錦糸玉子をまぶした飯も力強く、冷えた状態でしか食せないという駅弁特有のデメリットをものともしない完成度の高い一品でございます。さらにこの弁当箱はわざわざプラスチック製の簡易的な重箱を用いるという気合の入れようであり、私個人としては、北海道・森駅の「いかめし」や山形・米沢駅の「牛肉ど真ん中」にも匹敵する高い品質を誇っているものと存じます。なお、直江津駅の駅弁は北陸新幹線上越妙高駅でも購入可能でございますが、お時間に余裕がございましたら、専任の売り子の方が手渡しで販売なさっている直江津駅で購入なさることをお薦めいたします。税込みで1200円でございます。



余談ではございますが、東京〜直江津間には現在(2017年1月)直通列車が存在せず、北陸新幹線経由、ほくほく線経由どちらの場合でも最低1回の乗り継ぎが必須でございます。所要時間においては、平均すると北陸新幹線経由のほうがやや短く、そのため本当にお急ぎの方は北陸新幹線を利用なさることが多いように見受けられますが、ここに料金という指標を持ち出すと、ほくほく線経由も十分に競争力を確保できるようになります。



2017年1月現在、東京〜直江津間の料金の総額はいずれも通常期の指定席利用で、北陸新幹線経由が9520円、ほくほく線経由が8290円となっております。その差は1230円であり、これはほくほく線経由の場合に「鮭めし」を購入したとしてもまだおつりが来るということでございます。もちろん私の申し上げる「競争力」などというものは所詮一般的な利用者に対する周知度を度外視したただの妄言に過ぎませんが、こうして比較してみることで、旅をより一層楽しいものとする方法の一つをここに見出したように感じました。


ようやく「はくたか」に乗車と意気込んでおきながら話題が二転三転してしまい申し訳ございませんが、今回はここまでです。次回もよろしくお願いいたします。


【柳井グランドホテルのホームページへ】

posted by yg at 09:44 | Comment(0) | 日記