2022年07月06日

懐かしの国鉄色を追いかけた日 その3

皆様こんにちは。柳井グランドホテルの松前篤始です。今回も前回に引き続き、485系ラストランを追いかけた日のお話です。

IMG_3961.JPG

「あいづ」号が走り去っていった磐越西線は、福島県会津地方の観光アクセスの一翼を担う路線です。かつては東京から直通してくる特急「あいづ」号や、郡山駅で新幹線と乗り継ぐスタイルの快速「あいづライナー」など、特急型電車を使った様々な列車が運行されてきました。現在は指定席付きの通勤電車(上写真の車両を改造)が活躍しています。

IMG_4098.JPG

私は郡山駅で特急「あいづ」号を見送り、すかさず後続の普通列車で会津若松へ向かいました。会津若松駅も変わらず混雑していましたが、新幹線で乗り換えなしの仙台や郡山とは違って少し遠いせいか、あの2駅よりは落ち着いていたような気がします。ただ後で知った話ですが、磐越西線の有名撮影地では撮影者の「雛壇」が組まれるほど多数のファンが駆け付けたそうです。

IMG_4053.JPG

会津若松駅では面白いものがたくさん見られました。その一つが上の写真にあるこれです。何の変哲もない電車の写真に見えますが、電車が行き先を変えている瞬間に出てきたこの「黒磯(くろいそ)行き」の表示は現在とても貴重です。

IMG_0062.JPG

栃木県にある黒磯駅は東京と東北を結ぶ大幹線・東北本線の途中駅ですが、この駅で架線を流れる電気の周波数が変わるため、古くから関東と東北の境界駅とされてきました。

その証拠に、この駅は日本で最後の「2種類の電気が流れる駅」となっていました。通常は1本の架線に2種類の電気を流すことはできないため、電気の絶縁区間を設けて流れる電気を分け、電車側に特殊設備を持たせて2種類の電気に対応しますが、黒磯駅は駅自身が大掛かりな設備を備えていました。この恩恵を受けていたのは特殊設備を持たない機関車です。

IMG_2545.JPGIMG_3750.JPG

東京から黒磯駅まで引っ張ってくる機関車(上写真上)と、東北方面へ引っ張っていく機関車(上写真下)を交換するためには、1本の架線に流れる電気を入れ替えられる特殊設備がなくては対応できません。平成中期頃までは、黒磯駅にあるこの機能は極めて重要でした。

しかし新幹線開業後は境界駅の役割が薄れ、平成後期には東京から北海道まで交換不要の新型機関車が増備されたことから、近年この特殊設備は役目を終え、黒磯駅には東京方面からの列車しか入れなくなりました。東北方面には特殊設備を備えた電車だけが入るため特に珍しくありません。黒磯駅は個性を失ってしまったのです。

IMG_4043.JPG

この719系電車は東北専用の電車です。そのため黒磯駅には二度と入ることができません。あの「黒磯」の2文字は黒磯駅の栄光を今に語り継ぐ最後の語り部だったのかもしれません。

IMG_4073.JPG

485系に話を戻します。郡山に戻る485系は快速「あいづライナー」のヘッドマークを掲げています。赤を基調としたヘッドマークには、会津地方のゆるキャラ「あかべぇ」が描かれています。一見すると異端なヘッドマークですが、「あいづライナー」は485系最末期の代表的運用でしたので、ラストラン運用の先頭を飾るに相応しい列車の一つです。

IMG_4093.JPG

発車間際まで撮影を繰り返していたのですが、あまり余裕はありません。今まではひたすら撮影に徹してきましたが、この「あいづライナー」だけは幸運にもきっぷが手に入りましたので、私はこれから485系の車内へと乗り込むことになります。

今回はここまでです。次回もよろしくお願いいたします。

【柳井グランドホテルのホームページへ】

posted by yg at 12:39 | 日記