2018年01月04日

道央旅行記 その6

皆様こんにちは。柳井グランドホテルの松前篤始でございます。今回も前回に引き続き、北海道旅行のお話を致します。

IMG_5261.JPG

新十津川駅で熱烈な歓迎を受けた私は徒歩で新十津川町役場へと向かいます。何故役場なのかと申しますと、実はここからちょうどいい接続時間で函館本線の滝川駅に向かうバスが出ているのです。

基本的に考えることは皆同じのようで、折り返し便の列車に乗車しなかった方はほぼ全員このバスに乗車すべく移動してきたようでした。しかし乗ってしまえば距離は短く、ものの10分で滝川駅に到着しました。

IMG_5262.JPG
IMG_5268.JPG

滝川駅からは当駅が起点である根室本線に乗車します。「根室」と冠しておきながら起点が道央の滝川というのはなかなか面白いですが、ここからは別途特急券を購入して臨時列車に乗車します。

IMG_5324.JPG
IMG_5273.JPG

これが今回乗車する臨時特急「フラノラベンダーエクスプレス」号。車両は主に団体臨時列車などで使用される特別なものを用い、編成の中程に連結するラウンジカーでは車内販売を実施するまさに行楽列車を絵に描いたような列車です。早速乗車しますと車内はハイデッカー構造となっており、大きな窓から眺める景色は迫力があります。また座席も座り心地が良い大型のものが採用されており、1時間弱の乗車時間が極めて短く感じられる素晴らしい車両でした。

折角乗車したのだからと私はラウンジカーの車内販売ブースへと足を運びました。見渡せば飲料や菓子、土産物などが整然と立ち並びますが、中には私のような旅人が真っ先に目を付けるであろう限定品の数々も存在していました。

IMG_5279.JPG

まずはこちらの夕張メロンソーダ(写真左側)。目的地が富良野なのに夕張メロンとはこれ如何に、といった具合ですが、市販のメロンソーダとは違い味の複雑な階層を感じる上品な味わいでした。ただお値段が少々張りますので乗車記念に一杯、という召し上がり方がよろしいかと存じます。

IMG_5284.JPG

もう一つはこのラベンダーアイスクリーム(写真右側)。これは紛うことなき富良野ならではの一品ですが、写真が少々小さくなってしまい分かりづらくなってしまったのが申し訳ないです。しかし味わいは期待を裏切らず、口の中にラベンダーの香りが広がるかのような芳醇さが魅力ですので、先程のメロンソーダと併せて召し上がっていただき、皆様の旅行を楽しく華やかなものにしていただければ幸いです。

今回は少々短いですがここまでに致します。次回もよろしくお願いいたします。



【柳井グランドホテルのホームページへ】

posted by yg at 12:03 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
ブログの更新お疲れ様です。お久しぶりです。

ノースレインボーエクスプレスに乗車されたのですね。うらやましいです・・・

そういえばこの車両はキハ183系ですが,キハ183系は初期車の廃車も開始されますし,何年かしたら引退するのでしょうかね。

夕張メロンソーダとラベンダーアイスクリームおいしそうですね。

また次も楽しみにしています。

Posted by 632M徳山発広行き115系8両(R-02編成+N-16編成) at 2018年01月08日 23:29
632M徳山発広行き115系8両(R-02編成+N-16編成) 様

今回もコメントを頂きありがとうございます。

滝川駅での接続がちょうど良い時間でしたので乗車いたしましたが、本来定期列車としての特急は設定されていない路線だけに貴重な体験となりました。

車両に関しては老朽化も進んでいるとは思いますが、今は普通列車用の車両置き換えに重点を置いているとの報道もあるようですので、個人的には今しばらく残存するのではないかと考えております。

車内販売は他にも魅力的な商品を多数取り揃えてありましたので、機会があれば是非ご乗車くださいませ。
Posted by 松前篤始 at 2018年02月07日 10:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: