2018年02月07日

道央旅行記 その7

皆様こんにちは。柳井グランドホテルの松前篤始でございます。今回も前回に引き続き、北海道旅行のお話を致します。

前回は臨時特急の「フラノラベンダーエクスプレス」に乗車した際の模様と、その車内で購入できる物品の数々をご紹介しました。今回は列車を降り、富良野駅から先の模様をお伝えします。

IMG_5324.JPG
IMG_5335.JPG

富良野駅はこれまで経由してきた根室本線と旭川方面から合流してきた富良野線の結節点でもあるため、やはりある程度の敷地の広さがあります。富良野線に乗り換えれば道央観光のもう一つの名所である美瑛(びえい)に向かうこともできましたが、今回はそのまま根室本線の普通列車に乗り継ぎ、道東方面への玄関口である新得駅を目指します。

IMG_5351.JPG

旅行を実施したのが6月ということもあり、沿線には目に刺さるほど鮮やかな緑が広がっていました。しかし先程の札沼線とは違い山間部を目指していく路線ですので、平野部分が延々と続く広大な大地とは情景が全く異なります。言うなれば厳寒期に容赦なく牙を剥く北海道の自然の厳しさの象徴…新得駅直前に待ち受ける狩勝峠へのアプローチたるこの一帯はそう表現出来るのかもしれません。

ですが夏場の単行気動車が運ぶ空気は実に牧歌的です。駅に到着しても乗降があまりないことを除けば平和そのもの。ボックスシートに揺られる私を乗せて列車は終着駅へと向かっていきます。

IMG_5366.JPG
IMG_5369.JPG

ところでこの列車自体の終着駅は新得駅ではございません。列車側面の行先表示にも記されていましたが、この列車の終点は途中の東鹿越(ひがししかごえ)駅です。しかしこの駅は純粋な無人駅ですのでもちろん接続路線などなく、Wikipediaの記述によれば1日の平均利用者数は1人以下とのことです。何故この駅が終着駅となっているのでしょうか。

IMG_5370.JPG

その答えは平成28年に当地に甚大な被害をもたらした台風10号にあります。当時台風による大雨で橋脚が流され路盤が崩壊した東鹿越〜新得間は、その採算性が疑問視されていたこともあり、現在はバスによる代行輸送を余儀なくされています。そして私が乗ってきた列車も代行バスに連絡するということで、便宜上無人駅である東鹿越駅を終着駅としているということです。

さらにこの東鹿越駅は台風による被害で不通となる直前の7月にはJR北海道により廃止される方針も発表されており、台風の影響で暫定的な終着駅として今現在も列車が発着する光景には数奇な運命を感じずにはいられません。また今も東鹿越〜新得間の復旧のめどは立っておらず、東鹿越駅のみならずこの区間全体がそのまま廃線もありえる状況なだけに、先の札沼線と同様お早目に乗車・記録をお薦めしたい路線の一つでございます。

今回はここまでです。次回もよろしくお願いいたします。


【柳井グランドホテルのホームページへ】

posted by yg at 09:49 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: