2019年01月23日

名勝探訪記 その3

皆様こんにちは。柳井グランドホテルの松前篤始でございます。今回も前回に引き続き、旅先での見どころをご紹介します。

IMG_8541.JPG

今回は北陸から離れ長野県木曽地方のご紹介です。この奈良井地区は鉄道が開通する以前から宿場町として栄え、決して全国的な知名度があるわけではありませんが、知る人ぞ知る木曽路観光の拠点として現在もその街並みが残されています。

IMG_8430.JPG

奈良井宿はJR中央本線(中央西線)の奈良井駅から徒歩2分の至近距離にあります。時折名古屋からの特急「しなの」が轟音と共に走り去っていきますが、停車するわけではないので特急で当地に降り立つことはできません。一方観光バスで当地を訪れたいという需要は根強く、私が訪問した時期は冬前の閑散期にもかかわらず訪日外国人を乗せた大型バスが宿場街外れの駐車場に腰を下ろし、線路際を通りかかった際には踏切の前で撮影してくれと声をかけられることさえありました。

IMG_8442.JPG
IMG_8495.JPG

そして街並み。静粛な雰囲気と共に綺麗に保存された外観が街歩きへの意欲を掻き立てます。当地の名物であるそばを頂ける飲食店や木曽の工芸文化として栄えた漆器を取り扱う店舗も点在しており、決まった見どころを順番に辿るよりも気の向くままに街並みを歩いていく方がより楽しめるかと思います。

IMG_8447.JPG
IMG_8461.JPG

また自分の興味を惹きつける対象を好きなように撮影できるのもこうした街歩きの楽しみ方の一つです。歩きながらいろいろなところに目を配ると思わぬ発見が至るところに見受けられます。その一例が上にお示しした古いガシャポンの機械です。現在22歳の私もこの機械のことは記憶の彼方にうっすらと残るだけですが、こうして店先で古い時代を今に伝えるこの姿に私は思わずシャッターを切ってしまいました。既にかなり色褪せてはいますが、時代の生き証人としてこれからも当地で永らえてほしいと思います。

今回はここまでです。次回もよろしくお願いいたします。


【柳井グランドホテルのホームページへ】

posted by yg at 12:36 | Comment(0) | 日記

2019年01月16日

名勝探訪記 その2

皆様こんにちは。柳井グランドホテルの松前篤始でございます。長らくお待たせしてしまい申し訳ございません。今回も前回に引き続き、単発にて魅力的な場所をご紹介します。

CIMG6406.JPG

今回ご紹介するのは道の駅「マリンドリーム能生(のう)」です。“能生”とは新潟県糸魚川市に所在する地域ですが、ここの特徴はなんといっても紅ズワイガニでございます。地元能生漁港にて水揚げされた新鮮な紅ズワイガニをその場で頂くことができます。またカニを買ってその場で発送手続きを行うことも可能。対面販売を実施しているため運が良ければおまけしてもらえることもあります。

IMG_6571.JPG

また年に数回開かれるイベントでは浜汁の提供やあんこう祭りなど、賑やかで楽しいものが数多く企画されております。またこの能生一帯は海水浴でも名が知られているため、夏場になると多くの行楽客で賑わい、このマリンドリーム能生でもいつも以上に活気が満ちることとなります。

CIMG6405.JPGCIMG6420.JPG

他にも様々な楽しみ方がございますが、私の一番のおすすめはレンタサイクルを使った自転車旅です。このマリンドリーム能生の窓口で借りることができ、走り出すとそのまま隣接する久比岐自転車道へと繰り出すことができます。この久比岐自転車道はすぐ近くを通る北陸本線(現在はえちごトキめき鉄道日本海ひすいライン)の旧線跡を活用したもので、とても走りやすく景色にも恵まれた素晴らしい自転車道となっております。

CIMG6425.JPGIMG_7162.JPG

特に夏の真っ盛りの時期に一番楽しむことができます。道中に複数存在するトンネルを駆け抜けると空気の清涼感が心地よく、また波が穏やかな日本海の澄んだ眺望も鬱陶しい酷暑を忘れさせてくれます。貸出時間も朝から夕方までの長い時間で確保されておりますので自分のペースで走ることができます。マリンドリーム能生にお立ち寄りの際は是非併せて自転車旅をお楽しみいただければ幸いです。


今回はここまでです。次回もよろしくお願いいたします。

【柳井グランドホテルのホームページへ】

posted by yg at 10:40 | Comment(0) | 日記

2018年10月23日

名勝探訪記 その1

皆様こんにちは。柳井グランドホテルの松前篤始でございます。今回からは以前とは趣向を変え、旅先の魅力的な場所の一つ一つを単発でご紹介してまいりたいと思います。

CIMG6606.JPG

今回ご紹介するのはこちら。石川県金沢市の「主計町茶屋街」でございます。金沢の茶屋街といえばおそらく「ひがし茶屋街」が最も有名であり、メディア露出もこちらが圧倒的に多いのが常ですが、この主計町茶屋街も負けず劣らず魅力に溢れた観光地となっております。

CIMG6609.JPG
CIMG6625.JPG

私が考える主計町茶屋街最大の魅力…それは閑静な街並みです。ひがし茶屋街は一番規模が大きいこともあり観光客の往来もかなりありますが、主計町茶屋街は観光客向けの店舗が比較的少ないためか往来も少なく、独特の街並みを思うままに撮影して楽しむことができます。さらに裏通りに入っていけば薄暗い雰囲気と遠くに聞こえる往来の賑わいが非日常をより強く想起させ、著名観光地金沢の意外な一面を垣間見ることもできます。

CIMG6629.JPG

そして主計町茶屋街を語る上で欠かせないのがこの「暗がり坂」です。ここは茶屋街の上客であった旦那衆が人目を避けて茶屋街へと向かうために通った道とされ、日中でも建物や木々の影となって薄暗くなっております。

CIMG6631.JPG

一見しただけではただの小道に過ぎませんが、茶屋街の性質と歴史を色濃く内包した場所として今も昔も主計町の象徴でありつづける暗がり坂。ご来訪の際にはこちらにも是非足を運んでいただきたいと思います。

CIMG6643.JPG

なお昼間でもカフェが営業しており、閑静な雰囲気の中で身体を休めることができます。もちろん夜間であれば居酒屋や飲食店の営業もございますので、建物の観覧だけではなく実際に地元の方々と触れ合うのも一興ではないでしょうか。

今回はここまでです。次回もよろしくお願いいたします。

【柳井グランドホテルのホームページへ】

posted by yg at 23:54 | Comment(0) | 日記